スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2Ranking |スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|▲Top
Citroen C6プレステージ・サルーンとして登場したC6は、シトロエンの革新的なブランドとしての価値、スタイリング、テクノロジーが凝縮。(18画像)
Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6

Citroen C6


When was the last time you got excited by a Citroen? No, really. Cast your mind back and pluck a Citroen from recent history that you really wanted to experience. There have been some fun cars along the way but nothing that genuinely quickened the pulse. Citroens C6 looks set to change that.
最後の時間はいつシトロエンに興奮したとされて、あなたでしたか。少しもなく実際に。心を後ろに投げて、あなたが本当に経験したかった最近の歴史からシトロエンを取ってください。途中のいくつかの楽しい自動車だが真にパルスを急がせた無がありました。シトロエンC6は、それを変更するためにセットを見ます。

Commentators have, for some time, bemoaned many Citroens for not embodying the brand values that established the marque. Its just possible Citroen were stockpiling them for use in the C6.
コメンテーターは暫くの間、捕獲許可を確立したブランド価値を具体化しないために多くのシトロエンを嘆きました。その正当な可能なシトロエン、C6で使用するためにそれらを備蓄していました。

It is, without wishing to descend to hyperbole, quite stunning. The shape is resolutely modern but at the same time the proportioning, rather than the detailing, is reminiscent of classic Citroen shapes from the past. The elegant arc of the roofline and the long front overhang are redolent of the old DS and SM models, while the short rear overhang and low slung back end reprise some classic Citroen themes. The company claim that the target was to develop a car with the stance and presence of a limousine but with the chic silhouette of a coupe.
誇張法にまで言及せずに、それは全く驚くほどです。形は断然現代です。しかし、同時に、均衡させることは、詳述ではなく、過去からの古典的シトロエン形を思い出させます。屋根の輪郭の上品な弧および長いフロントオーバハングは、古いDSおよびSMモデルに芳しい。その一方で短いリヤオーバハングおよび最低値は後尾を投げました、いくつかの古典的シトロエン・テーマを反復します。会社クレーム、目標は、リムジンのスタンスおよび存在を備えた、だがクーペのシックなシルエットを備えた自動車を開発することでした。

They may just have succeeded. A long wheelbase and low slung posture are quite unlike anything else on the road at the moment. Even one of Renaults wilder flights of fancy looks a little tame compared to the C6. The windowline across the curve of the roof arch is picked out with a subtle chrome strip a clever visual trick that helps visually elongate the car.
彼らはたった今成功したかもしれません。長いホイールベースおよび低く投げられた姿勢は、道の上にちょうど今全く他の何でも異なります。想像のルノーのより野生のフライトの1つさえC6と比較して、少し慣れているように見えます。屋根アーチのカーブを横切ったwindowlineは微妙なクロムで選ばれます、視覚的に自動車を延長するのを支援する利口な視覚的な策略を裸にします。

The frameless glass of the doors also helps here, removing the need for bulky door pillars that would otherwise break up the impact of the remarkable glasshouse. Like the evergreen CX model, the rear end features a concave window, and a wind deflector deploys automatically at speed. This wry nod to that other historical Citroen preoccupation aerodynamics ensures efficiency at high speeds yet doesnt upset the aesthetics the remaindr of the time. Another chrome strip runs longitudinally along the bottom of the doors emphasising the long passenger compartment. ドアの縁なしのグラスはさらに、著しいガラス工場のインパクトをそうでなければ解体するかさばったドア柱の必要を削除して、ここで助けになります。常緑のCXモデルのように、尻は凹面のウィンドウを特色とします。また、ウィンド・ブレーカーは速度で自動的に展開します。その他の歴史上のシトロエン先入観航空力学へのこの歪んだうなずきは、高速に効率をまだ保証します、doesnt、美学を転覆する、時間のremaindr。別のクロム一片は、長いパッセンジャー・コンパートメントを強調するドアの底に沿って縦に走ります。

"The Citroen C6 seems to be playing to a very different set of rules to its putative rivals"
「シトロエンC6は、その推定上のライバルへの規則の非常に異なるセットに遊んでいるように見えます」

The C6s ancestry can be traced back to the 1998 Paris Motor Show, when the C6 Lignage concept was first displayed. Designed by Citroens Creative Styling Centre, the Lignage at first appeared a flight of fantasy, appearing as it did alongside stolidly practical models such as the Saxo, Xsara and Berlingo. The throwback appeal of the C6 Lignage was more than just symbolic. Between 1928 and 1933, the C6 dominated the category of top-of-the-range vehicles of the period, with more than 60,000 examples sold with many celebrities taking the opportunity to be photographed in one.
C6 Lignage概念が最初に表示された時、C6s祖先は1998年のパリ・モーター・ショーまでさかのぼることができます。シトロエンの創造的なデザインするセンターによって設計されて、Lignageは、それが、サクソ、XsaraおよびBerlingoのような無神経に実際的なモデルの側に行ったように現われて、初めは空想のフライトに見えました。C6 Lignageの先祖返り訴えはちょうど記号であるなんていうものではありませんでした。1928年と1933年の間に、C6は、多くの有名人が一つの中で撮影される機会をとらえて売られた60,000を越える例と共に、期間の範囲のトップの媒体のカテゴリーを支配しました。

Although its doubtful that todays A-listers will be sending their people to their local Citroen dealer, the C6 does inject a welcome dose of glamour and panache into a market that has been reduced to a shattered husk. Such has been the domination of the German premium marques in the executive saloon market that those mainstream brands that used to do very good business catering to those who either couldnt or wouldnt stump up the premiums to buy German have now largely abandoned the sector. Cars like the Saab 9-5, the Lexus GS300 and the Volvo S80 just about scrape by, but Vauxhall and Ford appear to have lost interest and Citroens partner Peugeot can only really claim success for their 607 in their home market. What chance does the C6 have? The truth is probably very little.
であるが、その、その今日、Aリスト作成者はそれらの地方のシトロエン・ディーラーのもとへそれらの人々を送り出すでしょう、C6は、粉砕された殻になった市場に歓喜と堂々たる態度の歓迎される服用量を注入します。そのようなものは、ドイツで、かつてはcouldntかwouldntのいずれかが買うべきプレミアムを上へ切り株を取り除く人々の要求に応ずる非常によいビジネスを行った主流商標が、大部分は放棄した実行の大広間市場でのドイツのプレミアム捕獲許可の優位でし�ス、セクター。自動車は、ちょうどこすることに関してその�Tーブ9-5、レクサスGS300およびボルボS80がそばに好きです。しかし、ヴォクソールとフォードは、興味を失ったように見えます。また、シトロエン・パートナー、プジョーは、単に実際にそれらの国内市場におけるそれらの607の成功を要求することができます。C6はどんな機会を得ていますか。真実は恐らく小さい。

Itll take a brave buyer to fork out a serious sum on a car thats likely to be clouted with some serious depreciation, but your modest residual value will buy my undying respect. Independent thinkers should form an orderly queue. At least living with the C6 should be relatively easy. Packed with technology, the C6 features a head up display that projects speed and navigation instructions onto the windscreen.
Itll、フォークで刺すために勇敢な買い手を連れて行く、ある重大な低下でcloutedされるであろう自動車thatsの上の重大な合計、しかし、あなたの適度の残存価格は私の不朽の尊敬を買うでしょう。考え方の独立した人は整然としたキューを形成するべきです。C6を少なくとも受け入れることは比較的容易に違いありません。技術が詰められて、C6は、フロントガラスに速度と操縦の指示を投影するヘッドアップディスプレーを特色とします。

Theres also a comprehensive drivers information system, electronic parking brake, the innovative lane departure warning system, directional Xenon headlamps and a speed limiter. Naturally specifications and prices will be firmed up when the car gets closer to the sales floor but even the entry-level C6 is likely to be generously appointed. Motive power comes courtesy of a choice of two V6 engines, one diesel and the other petrol powered. The diesel is a 2.
Theres、さらに包括的なドライバー情報システム、電子の駐車ブレーキ、革新的なレーン出発警戒態勢、方向のあるキセノン・ヘッドライトおよび速度リミッター。当然、自動車が販売フロアへより接近しているようになるが、入門レベルC6さえ寛大に指定されるかもしれない場合、仕様書と価格は固定されるでしょう。機関車は来ます、2台のV6エンジン、1つのディーゼル機関および別のガソリンの選択の礼儀、動力が供給されました。ディーゼル機関は2つです。

7-litre HDi unit developing some 208bhp and equipped with a particulate filter to cut emissions. Virtually an identical twin to the excellent powerplant found under the bonnet of Jaguars S-TYPE 2.7D, this engine is smooth, quick and pleasantly tractable, doing its best work when mated to an automatic gearbox. Citroens six-speed automatic is particularly good and is fitted to all C6 variants.
ある208bhpを開発し、放射をカットするために微粒子のフィルタを装備した7リットルのHDiユニット。事実上ジャガーズS-TYPE 2.7Dのボンネットの下で見つかった優れた発電所への一卵性双生児、自動ギアーケースに連れ添った時その最良の仕事を行って、このエンジンは滑らかで、迅速で、愉快に従順です。6つの自動シトロエン速度は特によく、すべてのC6変形に適合されます。

The petrol-engined model features a 215bhp 3.0-litre unit. In order to supply the sort of hushed, syrupy ride quality the looks suggest, the C6 features active suspension with variable damping. Theres little doubt that when it comes to making a technological statement, Citroens C6 raises the bar for the sub-premium executive class.
ガソリンにenginedされたモデルは215bhp 3.0リットルのユニットを特色とします。外観が示唆する種類の静かにさせられシロップの旅行品質を供給するために、C6は、変数を湿らすことを備えたアクティブサスペンションを特色とします。Theresは、技術的なステートメントを行なうことはといえば、シトロエンC6が潜水艦プレミアムビジネスクラスのための棒を上げることをほ�ニんど疑いません。

Its effortless style, avant-garde interior design and unique feel also mark it out as a car removed from the usual rules. Although it looks destined to occupy one of the meanest niches in the whole automotive market, the C6 is a car that cant help but put a smile on your face. A future classic in the making? Only time will tell.
自動車が通常の規則から移動したとともに、その努力をしないスタイル、アバンギャルドのインテリア・デザインおよびユニークな感触は、さらにそれを区分します。それは全体の自動推進の市場で最も中間のスキ間のうちの1つを占める運命であったように見えますが、C6は自動車です、その隠語支援、しかしあなたの顔に微笑を置きます。での(、将来の、形成中の)時間だけが伝えるでしょう。
スポンサーサイト
FC2Ranking |Citroen |comment(0) |trackback(0) |▲Top
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carphotographs.blog70.fc2.com/tb.php/24-08efaa99
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。