スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2Ranking |スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|▲Top
Renault Clio RS 01車体はルノー・ 日産共同開発のBプラットフォームを使用してる。(17画像)
Renault Clio RS 02

Renault Clio RS 03

Renault Clio RS 04

Renault Clio RS 05

Renault Clio RS 06

Renault Clio RS 07

Renault Clio RS 08

Renault Clio RS 09

Renault Clio RS 10

Renault Clio RS 11

Renault Clio RS 12

Renault Clio RS 13

Renault Clio RS 14

Renault Clio RS 15

Renault Clio RS 16

Renault Clio RS 17

The new Renault Clio Renaultsport stands out as a worthy successor to Clio Renaultsport 182 2.0 16V and features a groundbreaking first in its segment in the form of a rear air diffuser which uses technology derived directly from Formula 1. In association with the extractor vents in the front wings, it ensures excellent aerodynamic performance.
新しいルノー・クレイオーRenaultsportは、クレイオーRenaultsport 182 2.0の価値のある後継者として16V目立ち、F-1に直接由来した技術を使用する後部空気散布者の形をしているそのセグメントの中で起工を最初に特色とします。正面翼の中の抽出者穴と共同して、それは優れた空力性能を保証します。

New Clio Renaultsport 197 reveals its sports heritage both inside and out. The exterior design features specific body parts which accentuate Clio III's racy, muscular styling.
新しいクレイオーRenaultsport 197はそのスポーツ遺産を明らかにします、両方、徹底的に。エクステリア・デザインは、クレイオーIIIの独特の筋肉スタイルを強調する特定の身体部分を特色とします。

Clio III's distinctive, original lines have been further enhanced by the use of more athletic curves, while new Clio Renaultsport's specific side design exudes extra power and energy. The wider front and rear wings, lowered stance, profiled side skirts and semi-rigid under-bumper splitter combine with the extractor vents and diffuser to assert the new car's advanced aerodynamic engineering and sports heritage.
新しいクレイオーRenaultsportの特定の側設計が余分な力およびエネルギーを染み出させている一方、クレイオーIIIの特殊なオリジナルのラインはより運動競技のカーブの使用によってさらに増強されました。より広い正面および後部翼、低下したスタンス、新車の高度な航空力学のエンジニアリングを主張する抽出者穴および散布者を備えた輪郭が描かれた側スカートおよび半厳密なアンダー大当たりのスプリッター結合、およびスポーツ遺産。

New Renault Clio Renaultsport comes with generously-dimensioned tires (215/45) and 17-inch light alloy wheels which barely conceal the Brembo brake calipers and big discs that ensure powerful and durable stopping performance.
新しいルノー・クレイオーRenaultsportは、強力で永続性の止まる実行を?ロ証するBremboブレーキ・キャリパーおよび大きなディスクをかろうじて秘密にする、寛大に寸法のあるタイヤ(215/45)および17インチの軽合金車輪とともに来ます。

Developed jointly by Renault Sport Technologies and Renault's Powertrain Engineering Department, the powerful, normally-aspirated 2.0 16V calls on wide, bumper-mounted air intakes for additional engine cooling.
テクノロジーズとルノーのルノー電動機構スポーツ・エンジニアリング部によって共同で開発されて、強力な、通常気音の2.0 16Vは付加的にエンジンを冷やすために広く、バンパーマウントされた空気摂取を訪問します。

Sporty Interior
軽快な内部

New Renault Clio Renaultsport's interior trim echoes the car's exterior styling. The "drive it" spirit is immediately apparent in details such as the aluminum pedals, footrest and perforated-leather steering wheel with red centre-point stitching. For added comfort and efficiency, the design of the steering wheel itself assists perfect grip for the hands.
新しいルノー・クレイオーRenaultsportの内装は自動車の外部スタイルを反復します。その「それを運転する」精神は、赤い中心ポイント裁縫を備えた、アルミニウム・ペダル、足載せ台および穿孔された革のハンドルのような詳細において直ちに明白です。追加の気楽さおよび効率については、ハンドル自体のデザインが、手に最適な掌握を支援します。

Designed and positioned for optimal clarity, the instruments feature white data on a black background. The rev counter incorporates a gear-change indicator light, while the size of the figures increases as the needle gets closer to the red zone at 7,500 rpm.
最適の明瞭のために設計され位置して、道具は、暗い背景上の白いデータを特色とします。エンジン回転計はギアチェンジ装置表示灯を組込みます。その一方で針が7,500rpmで赤いゾーンへより接近しているようになるとともに、図のサイズは増加しています。

The overriding dark charcoal color scheme is offset by the chrome-zinc centre console and dashboard inserts which echo technology and sports performance.
最も重要な暗い炭色彩設計は、クロム亜鉛中心コンソールによって相殺されます。また、ダッシュボードは挿入します、それは技術およびスポーツ実行を反復します。

Recaro Bucket Seats
レカロ・バケットシート

From the summer of 2006, new Clio Renaultsport 197 will be available with optional bucket seats designed and developed in association with world-renowned Recaro. Perfectly in keeping with the vehicle's sporty interior ambience, they are trimmed with "Entresol" upholstery in harmony with the rear bench seat. In addition to housing lateral airbags, these seats feature a rigid, polyamide and fiberglass-injected shell for the sort of all-enveloping experience normally associated with competition driving. The seatbelt slots and built-in headrest add the final, distinctive sports touch.
2006年の夏から、新しいクレイオーRenaultsport 197は、世界に名高いレカロと共同して設計され開発されていたオプションのバケ?bトシートで利用可能になります。完全に、乗り物の軽快な内部の環境と一致して、それらに、後部ベンチシートと調和した「Entresol」室内装飾品が付けられます。側面のエアバッグの収容に加えて、これらの座席は重要な役割を演じます、1つの、厳密、競争運転に通常関連した、全包む経験の種類用、ポリアミドおよび繊維ガラスに注入されたシェル。シート・ベルト・スロットおよび内蔵のヘッドレストは、最終の特殊なスポーツが触れると付け加えます。

A Specific Power Output of Near 100 bhp/liter
比出力約100の出力bhp/リットル

The Clio Renaultsport is powered by the F4R RS normally-aspirated 2.0 16V engine which delivers 197 bhp at 7,250 rpm and maximum torque of 159 lb-ft at 5,550 rpm. Based on the engine which forged the reputation of Clio Renaultsport 182 2.0 16V, it boasts a specific power output of near 100 bhp per liter which ensures exceptional performance for New Clio Renaultsport in the hot hatch segment. The normally-aspirated engine combines performance, dynamism, flexibility, immediate response and excellent re-acceleration from all engine speeds. It is also easier to adapt for competition use in derivatives such as the Clio Group N and Clio Cup one-make race versions.
5,550rpmで159ポンド・フィートの7,250rpmおよび最大トルクの197 bhpを伝えるF4RのRSの通常気音の2.0 16Vのエンジンによって動力が、クレイオーRenaultsportに供給されます。クレイオーRenaultsport 182 2.0の評判を16V作り上げたエンジンに基づいて、それは、熱いハッチ・セグメント中の新しいクレイオーRenaultsportに例外的な実行を保証する、1リットル当たり約100 bhpの比出力出力を自慢します。通常気音のエンジンは、すべてのエンジン・スピードからの実行、力本説、柔軟性、即時のレスポンスおよび優れた再加速を組み合わせます。さらに、クレイオー・グループNおよびクレイオー・カップ1つの形レース・バージョンのような派生語での競争使用を適合するほうが簡単です。

At low revs and at engine speeds below 5,000 rpm, new Clio Renaultsport ensures a level of response and driving pleasure adapted to day-to-day motoring. At higher revs (more than 5,000 rpm), the performance and "bark" of new Clio Renaultsport's engine are unleashed to reveal the car's true sports heritage.
低い回転では、および5,000rpmより下のエンジン・スピードでは、新しいクレイオーRenaultsportは、レスポンスの1レベル、および日々の自動車運転術に適応された駆動の楽しみを保証します。より高い回転(5,000rpm以上)では、新しいクレイオーRenaultsportのエンジンの性能および「樹皮」は自動車の真実のスポーツ遺産を明らかにするために解放されます。

A Six-speed Gearbox Engineered for Performance
6つの速度ギアーケース実行のために巧みに計画実行されました

The new Clio Renaultsport comes with an evolution of the TL4 six-speed gearbox, the first Alliance-developed manual transmission which is capable of handling up to 177 lb-ft. This precision, close-ratio gearbox favors acceleration from all intermediate engine speeds.
新しいクレイオーRenaultsportは、TL4 6つの速度ギアーケース(177ポンドフィート以内を扱うことができる第1のアライアンスを高度に発展した手動の送信)の発展とともに来ます。この正確、接近している比率のギアーケースは、すべての中間のエンジン・スピードからの加速に賛成します。
スポンサーサイト
FC2Ranking |Renault |comment(0) |trackback(0) |▲Top
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carphotographs.blog70.fc2.com/tb.php/30-049c4c52
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。